(上記写真は、当店でシールを貼ったサンプルです)

【 千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 】


商品案内

『オリジナルステッカーを貼って自分だけのオリジナル焼酎を作ろう!』


千亀女シリーズの約10年振りの新作となる「千亀女 THE NEW POT」。

手作り蔵「千刻蔵」での2022年初仕込みを木樽蒸留器で蒸留しました。

焼酎の蒸留酒としての特長を最大に活かし、原料と木樽蒸留がもたらす複雑で繊細な成分の揮発をできるだけ防ぐためにアルコール37度で瓶詰めしています。

グラスに注ぎ加水することで、閉じ込められた香りが開き、木樽蒸留と新酒の香ばしさ、フルーツやバニラの香りが感じられ、口に含むことでミネラル感と麹由来の米の甘み、ほのかに杉の木のキレも感じられます。

ワクワクとクラフトマンシップが共存する1本です。

注意:お買上げ時は裏ラベルのみが貼られた状態になります。同梱された表ラベルとシールを自由に貼って世界に一つ自分だけの1本を作ってみてください!




購入直後の瓶には片側に裏ラベルのみ貼ってあります。


箱にはシールが入っていますので、自分でデザインできます。
百均などにある「ラベル用紙」に印刷すれば、オリジナルシールも作って貼ることができます。



商品詳細

商品37%千亀女THE NEW POT
内容量500ml
アルコール度数37度
タイプ芋焼酎
原材料さつま芋、米こうじ
蔵元若潮酒造 株式会社

味わい濃厚な新酒ですので、冬季は綿のような浮遊物がある場合があります。旨味成分の集まりですので、よく振ってお飲み下さい。


蔵元案内

蔵元名:若潮酒造株式会社
住所:〒899-7104 鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地
代表銘柄:『さつま白若潮』『千亀女』




昭和43年(1968年)に、地元(志布志、大崎)の蔵元5社(内田酒造、下戸酒造、東條酒造、稲付醸造、上村醸造)の協業により『若潮酒造協業組合』として設立されました。



『「世界品質を目指した酒造り」をコンセプトに、ロンドンの酒類コンテストであるIWSCへの出品や、芋焼酎ベースのスピリッツの開発等、世界に焼酎を広めるために、私たちができる取り組みを考え、行っております。』



2019年にはスピリッツ製造免許を取得し、木樽蒸留されたジャパニーズスピリッツ『424GIN』を発売しました。



こちらの製品は2022年のIWSCのジン部門でブロンズメダルを獲得されました。
受賞銘柄:『424GIN -Four Twenty-four GIN-』



2018年より発売開始した『GLOW』シリーズはコンセプトやイメージのみが公開され、毎年中身が変わり、製造方法やスペックなどはすべて非公開なチャレンジングな焼酎です。


ほとんどの情報が非公開のため大変に購入しにくい(^^; のですが、IWSC2020ではブロンズメダルを獲得。(受賞銘柄:『GLOW2020』)

2022年の第1回 酒屋が選ぶ焼酎大賞では芋焼酎部門の大賞を受賞しました(受賞銘柄:『GLOW episode05』)
  • 【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】
  • 【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】
  • 【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】
  • 【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】
  • 【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】
  • 【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】
  • 【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】

【2022年新焼酎】千亀女 THE NEW POT 500ml 37度 《若潮酒造(志布志市)》【スピリッツ】

4963772843595

3,300円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

蔵元別