【 死後さばきにあう 1,800ml 】


商品案内

「死後さばきにあう」は通称で、正式名称は「純米生原酒 喜久盛【6号酵母】」といいます。

地元岩手県産の米ときょうかい6号酵母を使用した純米生原酒で、今年度一本目の新酒です。

一本目の新酒なのでタンク一つ分だけ、1,800mlは330本の出荷予定です。

スペック(原料米の品種やアミノ酸度などの分析値)は酵母名以外はほぼ非公開です。

ラベルデザインは聖書配布協力会が作るキリスト看板をモチーフとしています。

見た目も文言も、東北でよく見かけるデザインのようです。

火入れもしていない生原酒ですので、要冷蔵でお願いします。


試飲しました!(普段は焼酎お湯割り飲むY.H.の感想です)
・上槽2週間後に試飲しました。
・スッキリキレイめの味わいです。(喜久盛酒造さんの銘柄の中では)
・喜久盛酒造さんの銘柄は、濃厚さと酸味が特徴的だと感じていますが、こちらは上槽したばかりの「新酒」のためか、比較的スッキリとし、少しフレッシュ感があり、酸はそこまで強くはなく、程よく甘さがあり、キレイな味わいと感じました。
・徐々に味わいがのってくるのではないでしょうか。


商品詳細

商品純米生原酒 喜久盛 【6号酵母】
内容量1,800ml
アルコール度数17.5度
タイプ純米酒(原酒)
精米歩合55%
原材料米、米こうじ
米の品種非公開
酵母きょうかい6号
火入れなし(生酒)
上槽日2023年1月5日
蔵元喜久盛酒造 株式会社
保存要冷蔵
特徴スペック非公開の新酒の無濾過生原酒

720mlはこちらから




蔵元紹介

喜久盛酒造(きくざかりしゅぞう)株式会社
住所:岩手県北上市更木3-54
代表銘柄:『喜久盛』『鬼剣舞(おにけんばい)』『タクシードライバー』


☆南部杜氏
越後杜氏(新潟県)、丹波杜氏(兵庫県)と並ぶ三大杜氏のひとつ。
「南部杜氏」は、岩手県を拠点とする杜氏グループです。
喜久盛酒造では南部杜氏の技を受け継ぐ「岩手の酒」を造り続けています。


☆造りの特徴
2014年度より、岩手県産の米だけを使用した純米酒のみを造っています。

酒米としては兵庫県が主な産地である山田錦が有名ですが、地元岩手も米どころなので山田錦は使わず地元産の米だけで造ると決めたそうです。
寒冷地でも育つ岩手県産の亀の尾、ひとめぼれ、かけはし、ぎんおとめなどで造っています。

麹菌も岩手県オリジナルの「黎明平泉(れいめいひらいずみ)」を使用。

本製品ではきょうかい酵母を使用しましたが、可能な限り地元産にこだわって造っています。

全商品を無濾過原酒として、濾過も加水もしません。

むかしながらの槽しぼりで上槽します。
旧式で強い圧力を掛けられないので3日ほどかけてゆっくりと絞ります。結果、柔らかな味わいになります。


☆酒質について。
喜久盛酒造の酒は、酸度が高めの食中酒が中心です。

脂っこいものを食べたときに飲むと、キレのよさで脂っこさを流してくれる日本酒です。

  • 【数量限定】【新酒】死後さばきにあう 1800ml《喜久盛酒造(岩手県)》【清酒】
  • 【数量限定】【新酒】死後さばきにあう 1800ml《喜久盛酒造(岩手県)》【清酒】
  • 【数量限定】【新酒】死後さばきにあう 1800ml《喜久盛酒造(岩手県)》【清酒】

【数量限定】【新酒】死後さばきにあう 1800ml《喜久盛酒造(岩手県)》【清酒】

4982618101163

3,960円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

蔵元別