千代酒造について









『櫛羅』の地で創り続ける日本酒 葛城山の恵みである地下水を自社井戸で汲み上げ、仕込み水に。



この当たり前が続けられていることに感謝しながら、この地での酒造りに取り組んでいます。



日本酒は何のお酒かといえば、原材料がお米ですので、当然お米のお酒です。



しかしながら、そのお酒をさまざまな個性に分けていくベースは仕込み水ですので、日本酒は”米の酒”であると同時に”水の酒”であるともいえます。



各蔵のお水の性質によって、お酒もさまざまな個性に枝分かれしていきます。



自然豊かなこの『櫛羅』の地に酒蔵があること。



その恩恵と共に酒蔵を引き継いだ蔵元として、この水を生かし、この土地の恵みを生かす酒造りを続けていきたいと願っています。

 
櫛羅(くじら)







櫛羅の地で自家栽培した山田錦だけを使ったお酒



50%精米の純米吟醸と60%精米の純米の2アイテムがあり、それぞれに生酒と火入酒があります。



 


篠峯(しのみね)







売り急がなくて良いお酒を造ろうというコンセプトで出来たブランド



定番の「純米超辛」、「凛々純米吟醸」などの他、奈良県産米にこだわった田圃ラベルシリーズ、古い米にこだわった米バラエティシリーズなどこだわりのシリーズも展開しています。



 

 

蔵元別