【珊瑚 1800ml 30度】


商品案内

■ 昔ながらのベーシックな黒糖焼酎

「珊瑚」は奄美大島の島民の公募で名付けられ、以来親しまれている代表銘柄です。

2016年、守り続けた製法に新たな発想を取り入れ、さらに美味しく生まれ変わりました。

できあがった原酒は手すくいによる油取りのみ。ほどよく油が残り、1年以上寝かしたのち出荷となるため旨味たっぷりです。


以下、蔵元さんより、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
西平酒造の代表銘柄として古くから愛されている珊瑚。
2016年、守り続けた製法に新たな発想を取り入れ、さらに美味しく生まれ変わりました。
原料である黒糖のふくよかな香りと甘味が全面に広がり、焼酎本来の旨みと絡み合う、深みのある贅沢な風味をお楽しみください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2016年 春季 全国酒類コンクール【黒糖焼酎部門・第1位】を受賞
2016年 熊本国税局酒類鑑評会にて黒糖焼酎「珊瑚」が優等賞を受賞


商品詳細

商品珊瑚
内容量1800ml
アルコール度数30度
タイプ黒糖焼酎
蒸留方式常圧蒸留
原材料黒糖、米こうじ(国産米、白麹)
蔵元西平酒造 株式会社

900ml は こちら から

黒糖焼酎の造り方

蔵元 兼 杜氏 兼 アーティスト の西平せれな氏のイラストで紹介







(はじめてこんなにわかりやすい蒸留のイラストを見ました)

蔵元紹介

蔵元名:西平酒造株式会社(にしひらしゅぞう)
住所:鹿児島県奄美市名瀬小俣町11-21
代表銘柄:「珊瑚」「加那」

西平酒造さんで働く方は12名いますが内8名がミュージシャンで、ライブを行える貯蔵施設「蔵ふと村」も併設されたユニークなお蔵さんです。



初代杜氏トミ氏の曾孫にあたるせれな氏が2021年10月、4代目杜氏に就任し「黒糖焼酎で奄美と世界を繋げる!」をミッションに掲げ世界への発信を強化しています。

音楽一家に生まれた「西平せれな」の名前はセレナーデに由来するそうです。

貯蔵庫「蔵ふと村」では樽貯蔵酒にいろいろな音楽を聞かせる「ソニックエイジング」(音楽熟成)を近々開始するそうです。
レゲエ、島唄、クラシックなど、どのように影響するのでしょうか。
面白いアイデア、楽しみです。





造りの特徴としては、
・一次仕込みが甕仕込み、二次仕込みはホーロータンク。
・三角棚を持つ。
・半麹仕込み
・ふしぎなデザインの蒸留器


左側が一次仕込みで使っている甕壺。右の青いタンクが二次仕込み用ホーロータンク。


黒糖焼酎を製造する蔵では、現在はほとんどが自動製麹装置を使用しており、三角棚を使っている蔵は珍しいそうです。(芋焼酎の蔵では比較的多くの蔵で三角棚が使われています。)

麹は一般的にはまる二日(42時間)かけて造りますが、半麹とは24時間程度で取り出して醪に投入すること。
酵素をたくさん蓄えた麹になる前に半人前で醪へ投入することで、醗酵がゆっくりと進み、黒糖焼酎の旨味をより引き出す方法。
初代より受け継がれる伝統的な製造法で、他の蔵では現在はほとんど行われていないそうです。


蒸留器の真上がドーム状になっています。一般的には円柱や三角柱のようなデザインですので、小さめのドーム型が面白い!
すべての製品は常圧蒸留でできあがります。



  • 珊瑚 1800ml 30度《西平酒造(奄美市)》【黒糖焼酎】
  • 珊瑚 1800ml 30度《西平酒造(奄美市)》【黒糖焼酎】
  • 珊瑚 1800ml 30度《西平酒造(奄美市)》【黒糖焼酎】

珊瑚 1800ml 30度《西平酒造(奄美市)》【黒糖焼酎】

4934499301811

2,607円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

蔵元別