【グラナダ カベルネ・ソービニョン/カルメネール (赤・ミディアムボディ) 750ml】


商品案内

コスパ最高! チリワイン。

チリのセントラル・バレーは安定した気候によりぶどうの出来も安定し、ワインも毎年安定した味となります。

そのため、アタリ年とかハズレ年などはあまりなく、安心して選べます。

お値段的にも感動的に旨いというわけではありませんが、ほんのりと甘く、意外と味わいもしっかりとあり、クセも少なくスムーズな飲みごたえ。普段飲みにピッタリかと思います。



チリと日本とは、協定を結び輸入時に掛かる関税がゼロ。

通常の瓶にスクリューキャップ使用。
(ペットボトルではありません)


商品詳細

商品GRANADA Cabernet Sauvignon / Carmenère
内容量750ml
アルコール度数13度
タイプチリの赤ワイン
ボディタイプミディアム
ぶどう品種カベルネ・ソーヴィニヨン、カルメネール
ぶどう産地マウレ渓谷
飲み頃温度16〜18℃
WineryTinajas Del Maule, Inc.
醸造元ティナハス・デル・マウレ社



醸造元

醸造所:Tinajas Del Maule, Inc.
所在地:チリ共和国セントラル・バレー、マウレ・バレー


☆ティナハスワイナリー
ぶどうの栽培からワインの製造まで自社で行う希少なワイナリーです。




☆チリについて
チリは正式には「チリ共和国」と呼び、南アメリカ大陸の西側(太平洋側、日本側)に南北4,300kmあまり伸びる縦に長い国です。

チリの公用語はスペイン語。



☆地域
セントラル・バレー
セントラル・バレーはチリの中央付近に南北350kmほど続く渓谷です。
東側(アルゼンチンとの国境側)のアンデス山脈と、西側(海側)に海岸線と平行に走る山脈との間は平地(谷)となっており、降水量が少なく、昼夜の気温差も大きくワイン用のぶどう栽培に適します。


D.O. Maule Valley(マウレバレー)
セントラル・バレーの一部で、最も南側に位置します。
"D.O."は原産地呼称のことで、マウレバレー産のぶどうを使っているの意味。




☆ぶどうの品種
カベルネ・ソーヴィニヨン
フランス原産の赤ワイン用の代表的ぶどう品種。現在は世界中で栽培されている。
濃厚な果実味と酸味と渋みでフルボディなワインができる。


カルメネール
元はフランスで栽培されていた品種。ヨーロッパ中に広がったぶどうの病気の影響でほぼ全滅し、現在ではほぼチリでのみ栽培されている。
濃厚な果実味とおだやかな渋みでミディアムボディなワインができ、ブレンド用としてよく使用されている。
カベルネ・ソーヴィニヨンとブレンドすると渋みが抑えられ味に複雑味が増すため最高のペアともいわれる。

  • GRANADA カベルネソーヴィニヨン/カルメネール 750ml 《vina tinajas(チリ)》【赤ワイン】
  • GRANADA カベルネソーヴィニヨン/カルメネール 750ml 《vina tinajas(チリ)》【赤ワイン】
  • GRANADA カベルネソーヴィニヨン/カルメネール 750ml 《vina tinajas(チリ)》【赤ワイン】

GRANADA カベルネソーヴィニヨン/カルメネール 750ml 《vina tinajas(チリ)》【赤ワイン】

7808726904762

1,100円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

蔵元別