【天星百恵 1800ml 25度】


商品案内

仕込み水に海水(と地下水)を使用して醸された珍しい芋焼酎です。
(海洋深層水ではなく、塩っ辛い海水)

昔の杜氏さんは、一次仕込みのときに塩を一掴み入れていたと聞きますので、似たような意味合いかもしれません。塩を入れると酵母がより元気になるそうです。

※ 焼酎は最後の工程で蒸留しますので、塩分・糖分・プリン体は製品には含まれません。

蒸留された原酒は、平成の名水百選に選ばれた湧水「普現堂湧水源」(超軟水)を源流とした地下水を汲み上げ、原酒(38度ほど)を25度に薄めます。

度数調整時の加水に超軟水を使用すれば、焼酎の味をほとんど変えずに薄めることができます。
(日本製の「○○のおいしい水」(軟水)と、ヨーロッパ系「エビアン」など(硬水)で焼酎を割って比較してみると違いが良く分かります)



実際に試飲してみると、キレイな芋の香り。
クセというほどではないですが少し個性があり、まとまりを持った味・香り。
口に含んでいる間は舌の周囲に不思議なピリピリ感。
お湯割りも可。
水割り、ロックがおすすめです。


以下、蔵元さんより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
志布志湾に注ぐ太平洋の黒潮を汲み上げ、精製して仕込水に加えました。
麹菌と酵母菌が動きが変わり、新たな世界が始まりました。
しびれるような舌感と鼻孔をくすぐる香味が、新たな旨味を創出しました。

黒潮のミネラルバランスが、麹や酵母のエネルギーを高め、さつま芋の恵みを余すところなく磨きあげました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



商品詳細

商品天星百恵
内容量1,800ml
アルコール度数25度
タイプ芋焼酎
蒸留方法常圧蒸留
原材料さつま芋(黄金千貫)、米こうじ(国産米、黒麹)
蔵元天星酒造 株式会社
特徴仕込み水に海水使用。

720ml は こちら から

  • 天星百恵(てんせいひゃっけい) 1800ml 25度《天星酒造(大崎町)》【芋焼酎】
  • 天星百恵(てんせいひゃっけい) 1800ml 25度《天星酒造(大崎町)》【芋焼酎】
  • 天星百恵(てんせいひゃっけい) 1800ml 25度《天星酒造(大崎町)》【芋焼酎】

天星百恵(てんせいひゃっけい) 1800ml 25度《天星酒造(大崎町)》【芋焼酎】

4539725013003

2,750円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

蔵元別