【 萌月 1800ml 25度 】


商品案内

出来たて焼酎を程々に油を残した濃厚な芋焼酎です。

以下、お蔵さんより
--------------------
その年に収穫した南九州産さつまいも「コガネセンガン」を主原料に、白麹で仕込んだ本格焼酎「萌月」は、出来たての新鮮な味わいを残すために、熟成やブレンドをおこなわず、蒸留後すぐに瓶詰めした本格焼酎です。

蒸留したばかりのフレッシュで香味高い味わいと、瓶詰めから月日の経過によって変化する味わいを愉しめる逸品です。
--------------------

宮崎の芋焼酎はスッキリとしたイメージですが、こちらは鹿児島の芋焼酎に負けないくらいにしっかりとした濃厚な味・香りです。

新酒として直ぐに飲みきってもいいですし、未開封で1年経つと熟成も効き、トゲトゲしさが無くなり味がまとまり甘さも増してとても美味いですよ。

オススメの飲み方はロック、お湯割り。


商品詳細

商品萌月
内容量1800ml
アルコール度数25度
タイプ芋焼酎
蒸留方式常圧蒸留
原材料さつま芋(黄金千貫)、米こうじ(タイ産米、白麹)
蔵元明石酒造 株式会社

900mlはこちらから



蔵元情報



明石酒造は霧島連山と九州山脈に囲まれた田園の広がる自然豊かなまちに位置しています。

9月頃より芋焼酎造りを始め、米焼酎・麦焼酎と4月頃まで製造を行っています。

えびの市は「宮崎の米どころ」と言われるほどに美味しいお米が採れる地域ですが、5月から8月までは社員で米作りを行い減農薬や無農薬に挑戦しています。出来た米は「ないな」のブレンド用米焼酎としても使用されています。



油の旨味を溶け込ませる目的で、冬場には浮いた油をすくい取りしつつ原酒は数ヶ月寝かせることで、しっかりとした旨味を持つ焼酎造りをされています。

焼酎に含まれる香味成分としての油の膜が張っている様子。この状態の原酒は大変に美味しい。


代表銘柄は「明月」

芋焼酎と米焼酎とのブレンドを特徴とする芋焼酎です。

戦後の昭和25年、酒の配給制が終わり甲類焼酎が一般的に飲まれていたころ、芋焼酎をベースに米焼酎を少量加えることで芋臭さを抑えた「明月」が誕生しました。

「明月」のラベル・ネーミングは「人々の心が満月のように、まあるく明るく円満に、そして平和に」
との願いが込められ、えびの高原に群生する赤松にかかる満月を表しています。



令和4年に行われた熊本国税局酒類鑑評会にて、「明月」「黒明月」「明月プレミアムホワイト」の3点が優等賞を受賞されました。
  • 【2022年新焼酎】 萌月(もえげつ)1800ml 25度《明石酒造(宮崎県えびの市)》【芋焼酎】
  • 【2022年新焼酎】 萌月(もえげつ)1800ml 25度《明石酒造(宮崎県えびの市)》【芋焼酎】
  • 【2022年新焼酎】 萌月(もえげつ)1800ml 25度《明石酒造(宮崎県えびの市)》【芋焼酎】

【2022年新焼酎】 萌月(もえげつ)1800ml 25度《明石酒造(宮崎県えびの市)》【芋焼酎】

4955906256463

2,365円(税込)

購入数

商品レビュー

レビューはありません。

蔵元別